インターネットでラジオ関西「聖書と福音」の聖書メッセージがいつでも聴けるWeb Radio


No.908 2017年8月20日「生ける神の知恵キリスト」

おはようございます、高原剛一郎です!

昔サウスウエスト航空というアメリカの会社がライバル会社のスティーブンス航空のCMコピーをうっかり使ってしまうというミスを犯しました。
スティーブンス航空はそれを訴え、サウスウエストのほうは業務中止命令を出されそうになります。会社としては命令に従うか、裁判に訴えるか、二つに一つしかありません。
しかし裁判に訴えても負ける確率の方がはるかに高かったのです。絶体絶命のピンチを迎えた時サウスウエストの名誉会長、ハーバード・ケレハーという人が立ち上がるのです。彼はスティーブンス航空に、ある提案をしたのです。何とそれは腕相撲です。 ……(全文を読む908

吉田恵子:主と共に歩む
新約聖書 コリント人への手紙第一1章30節
『 しかしあなたがたは、神によってキリスト・イエスのうちにあるのです。キリストは、私たちにとって、神の知恵となり、また、義と聖めと、贖いとになられました。 』

No.907 2017年8月13日「世の罪を取り除く神の小羊」

おはようございます、高原剛一郎です!

先日、演歌歌手・天童よしみさんのコンサートに付き添いで行った方が、「よかった、大ファンになった」と言われました。
天童さんの最初の一言で、心をわしづかみにされたというんです。
彼女は一体なんて言ったんでしょう。「か細いからだで、一生懸命うたいます!」って言ったんですね。
彼女はぽっちゃり体型のかたですが、それを少しも恥じていません。むしろその体を、迫力ある声量を生み出すための特注楽器のように大事にしておられるのです。 ……(全文を読む907

小坂忠:小羊イエスよ
新約聖書 ヨハネの福音書1章29節
『 その翌日、ヨハネは自分のほうにイエスが来られるのを見て言った。「見よ、世の罪を取り除く神の子羊。」 』

No.906 2017年8月6日「宇宙の人間原理と創造主」

おはようございます、高原剛一郎です!

ずいぶん昔、朝日新聞に、明るい悩み相談室っというのがありました。そこに新潟県小千谷市の、16歳になる女子高生が相談事を投稿したのです。
「私はもう3年も悩んでいるのですが、人間は最後は死ぬのに、どうして一生懸命生きるのですか。ゴールに着いて何かいいことがあるわけでもないのに、どうして努力したり、恋をしたり、悩んだりするのですか。結局死んでしまうのに、生きることや、その間にすることに、どんな意味があるのでしょうか。友達や親に聞いても、誰も答えてくれません。」 ……(全文を読む906

国分友里恵:天のベール
旧約聖書 イザヤ書45章18節
『 天を創造した方、すなわち神。地を形造り、これを仕上げた方。すなわちこれを堅く立てた方、これを茫漠としたものに創造せず、人のすみかにこれを形造った方、まことにこの主が、こう仰せられる。「私が主である。他にはいない。」 』

No.905 2017年7月30日「十字架に示された無条件の愛」

おはようございます、慶相龍です!

精神科医で医学博士の岡田尊司さんは、その著書「悲しみの子どもたち」の中で、事件を起こす非行少年について次のような内容を提示しています。 小さいころから親に叱られ否定され続けてきた子どもや、親の気持ちや顔色に振り回されてきた子ども、人より勝った存在でなければ親に価値を認めてもらえなかった子ども、親の操り人形のように育てられ、受動的で人とのつながりを楽しめない子ども、それらの子どもたちすべてが自分に対して否定的な評価を抱いている。 ……(全文を読む905

国分友里恵:十字架にかけられた
新約聖書 ローマ人への手紙5章8節
『 しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。 』

No.904 2017年7月23日「最後の晩餐に見るキリストのメッセージ」

おはようございます、高原剛一郎です!

私は先日『もしも宮中晩餐会に招かれたら』という本を読みました。
作者は元宮内庁大膳課長です。皇居の料理を作るトップのシェフですね。宮中晩餐会というのは天皇家主催の夕食会のことです。
私はそんなところに招かれたことはありませんし、今のところ招かれる予定もないのですが、これから招かれるかもしれないと期待して読んでみました。
さてこの晩餐会に行くのに決定的に大切なことは招待されているということなんです。 ……(全文を読む904

沢知恵:アメイジンググレイス
新約聖書 マタイの福音書26章26-27節
『 また、彼らが食事をしているとき、イエスはパンを取り、祝福して後、これを裂き、弟子たちに与えて言われた。「取って食べなさい。これはわたしのからだです。」 また杯を取り、感謝をささげて後、こう言って彼らにお与えになった。「みな、この杯から飲みなさい。 これは、わたしの契約の血です。罪を赦すために多くの人のために流されるものです。」 』

No.903 2017年7月16日「神が喜ぶ心とは」

おはようございます、高原剛一郎です!

今、将棋の世界では、八大タイトルというのがあるそうです。
その中で全てのプロ棋士が最も特別視するのは、「名人」というタイトルです。
かつてこの名人に6回挑んで、6回とも大敗したプロがいました。米長邦雄というかたです。
彼の前に立ちはだかったのは、中原誠というプロです。
名人位以外の闘いでは互角の勝負が繰り広げられるのですが、不思議と、どうしても欲しい名人戦になると、負けてしまうんです。 ……(全文を読む903

MIgiwa:悔いた心
旧約聖書 詩篇51章17節
『 神へのいけにえは、砕かれた、悔いた心。神よ、あなたはそれをさげすまれません。 』

聖書関連サイト


放送局サイト


放送番組プレゼント


リンク


アイテム集



■ラジオ関西毎週日曜朝 7:45-8:00 558Khz
■ラジオ福島毎週日曜朝 8:30-8:45 1,458Khz
ラジオ伝道者:高原剛一郎
アナウンサー:尼川幸子
●高原剛一郎(ラジオ伝道者)

1960年生まれ。1978年イエス・キリストを信じる。大阪教育大学卒業後10年間貿易商社に勤務。現在、企業講演・教育講演など幅広く活動を続け、全国各地で聖書講演会を行い注目を集めている。また、ラジオ関西「聖書と福音」のメッセージを担当。著書に「コスモスの花のように 君が天国に行った日」「生きる勇気と聖書の力」等がある。

●尼川匡志(聖書メッセンジャー、プロカメラマン、スタジオシオン代表)

●那須清志(伝道者、元小学校教諭、東住吉キリスト集会責任者)

●三綿直人(伝道者、元ソフトバンク、アメリカンエキスプレス勤務)

●尼川幸子(聖書と福音専属アナウンサー)


   
  • HOME
  • バックナンバー
  • テープ・CD
  • 本の紹介
  • ゴスペルブック
You can listen to The Bible Message in this radio programs "Bible & Gospel" anytime anywhere.
フッターのシャドウ