インターネットでラジオ関西「聖書と福音」の聖書メッセージがいつでも聴けるWeb Radio


No.887 2017年3月26日「神をほめたたえよう」

おはようございます、慶相龍です!

私はかつて、多くの子どもたちと接する機会が与えられていました。
子どもというのは、自分の思ったことをそのまま口にするので、時折傷つけられることもあります。
ひとりの小学6年生の男の子が、私にあだ名を付けました。そのあだ名とはハゲゾウです。小学生が50過ぎの男に向かって、「おい、ハゲゾウ」というのです。子どもの目から見る私は、どうやら薄毛のようです。
もちろん、子どもたちと接していて傷つくことばかりではなく、子どもたちから喜びを与えられ、教訓を得ることも数多くあります。
聖書の詩篇というところに、次のような言葉があります。
ハレルヤ。
私のたましいよ。主をほめたたえよ。
私は生きているかぎり、主をほめたたえよう。
いのちのあるかぎり、私の神に、ほめ歌を歌おう。
今日は、「神をほめたたえよう」というテーマで、子どもたちを通して考えさせられたことを3つご紹介したいと思います。 ……(全文を読む887

ミクタム:あなたの恵みとそのあわれみを
旧約聖書 詩篇146篇1,2節
『 ハレルヤ。
私のたましいよ。主をほめたたえよ。
私は生きているかぎり、主をほめたたえよう。
いのちのあるかぎり、私の神に、ほめ歌を歌おう。 』

No.886 2017年3月19日「あなたを身体に刻む愛」

おはようございます、高原剛一郎です!

さて、くまモンの作者で放送作家の小山薫堂さんがある大学で授業をした時のことです。小山さんの支持で主婦の鈴木さんが市販のルーを使って、カレーを作っていました。
食べたい人を募りますが、学生たちはランチを食べた後だったので、誰も手を挙げませんでした。その時、小山さんが主婦に尋ねたんです。
「ところでお母さん、息子さんのお名前は。」
「はい、ありふれていますが、一朗です。」
そうです。主婦は大リーグのイチロー選手のお母さん、鈴木淑江さんだったのです。学生たちは全員手を挙げて、カレーを食べたいと申し出たのでした。
イチロー選手は子供の頃から、頻繁にカレーを食べていることが知れ渡っていたからです。
ところで、イチロー選手が少年時代に食べていたのと同じカレーを食べたいと学生たちが思ったのは、なぜでしょう。カレーつながりで、イチロー選手とつながりを持てると思ったからではないかと思うのです。
人は偉大な人物、偉大な存在とつながりたい、関係を持ちたいと願っているのではないでしょうか。 ……(全文を読む886

国分友里恵:君もそこにいたのか
旧約聖書 イザヤ書49章14-16節
『 しかし、シオンは言った。
「主は私を見捨てた。主は私を忘れた」と。
「女が自分の乳飲み子を忘れようか。自分の胎の子をあわれまないだろうか。たとい女たちが忘れても、このわたしはあなたを忘れない。見よ。わたしは手のひらにあなたを刻んだ。」 』

No.885 2017年3月12日「自由をもたらすイエス・キリスト」

おはようございます、高原剛一郎です!

さて日本で一番長く続いているアニメ番組にサザエさんがあります。元々は新聞の四コマ漫画でした。その漫画のサザエさんにこんな話があります。
家の玄関先でカツオが近所の主婦たちを相手に鶏の物まねを披露しているんです。「鶏が卵を産むところ」と言いながら顎を突き出し、口をとがらせ、「クワー、カカカ!」と熱演してるんですね。主婦たちも大笑いです。
サザエさんとフネさんが一体何の騒ぎかと玄関先に出てみると、身内のカツオが恥をさらしているではありませんか。フネさんは「みっともない」とため息をついています。サザエさんも「まったくだわ」と同感です。
ところがそんなことは知らないカツオはうけたことが嬉しくて、いよいよ芸がエスカレートしていきます。奥様達はいよいよ大笑いです。
サザエさんはもうこれ以上ご近所にみっともない真似をさらせてはならないと立ち上がったかと思うと「カツオ!」と一喝するんです。あまりの剣幕にカツオと主婦たちは固まってしまいますが、次の瞬間サザエさんは「そうじゃない、こうやるんだよ!」と言って、よりリアルで生々しく鶏になりきって大熱演するんです。
これには主婦たちも体を二つ折りにして大笑いするんですね。フネさんはカツオのみっともなさよりもサザエさんの方がもっとみっともないので赤面しているという漫画です。 ……(全文を読む885

Tomomi:あなたのように
新約聖書 ヨハネによる福音書8章34-36節
「まことに、まことに、あなたがたに告げます。罪を行っている者はみな、罪の奴隷です。
奴隷はいつまでも家にいるのではありません。しかし、息子はいつまでもいます。
ですから、もし子があなたがたを自由にするなら、あなたがたはほんとうに自由なのです。 」

No.884 2017年3月5日「永遠不変の絶対愛」

おはようございます、高原剛一郎です!

私は毎年、青森の教会にお招きを受けて訪問しています。
弘前市に入ると、ひときわ目を引く山が見えてきます。岩木山です。
別名津軽富士といわれる、日本百名山のひとつです。360度、どの方向からも眺めることができる、美しい山なんですね。
ところが、地元の方にはこだわりがあるようです。弘前の方は、弘前から見える岩木山が一番美しい、と言うのです。
しかし、津軽の方は、津軽の見る岩木が一番美人だ、って言うんです。
幼い頃から自分が見ている山の姿が、一番しっくり来るものになっているんですね。そして、大人になっても姿を変えずにそのままでいる山の形に、安心感を得ておられるようでもありました。
大学は東京に行くかもしれない、就職は他府県に行くかもしれません。でも、ふるさとに戻ったときには、変わらない姿で迎えてくれるものがある。
だからこそ、ほっとするんですね。 ……(全文を読む884

CYMBAL:ここに愛がある
旧約聖書 イザヤ書 54章10節
「たとい山々が移り、丘が動いても、わたしの変わらぬ愛はあなたから移らず、わたしの平和の契約は動かない』とあなたを哀れむ主は仰せられる。 」

No.883 2017年2月26日「調和のある世界」

おはようございます、尼川匡志です!

この「聖書と福音」の放送の最後に、毎回ゴスペルが流れます。その中に男性四人のコーラスで「コル・シャローム」というグループがあるのをご存じでしょうか。私はもともとこのメンバー四人と同じ教会にいました。
十年以上前のある日曜日、こんなことがあったんですね。私の右にテナー、左にバス、そして後ろにアルトのパートを受け持つメンバーが座っていたんです。つまり、その時の私の座った位置は「聖書と福音」でおなじみの那須さんのパートの位置なんです。
賛美の時間が始まりました。私はこの日の賛美の心地よさを今でも覚えているんです。いつものように主旋律を歌っただけなんですが、耳から入ってくる私の歌声は、今まで聞いたこともないような、それはそれは美しいものだったんですね。私は思わず、自分が、歌がうまくなったんではないか、と勘違いするほどでした。言うまでのありませんが「コル・シャローム」のハーモニーのおかげです。 ……(全文を読む883

コル・シャローム:きみもそこにいたのか
旧約聖書 イザヤ書 43章4節
「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。 」

No.882 2017年2月19日「人を幸せにするキリストの福音」

おはようございます、高原剛一郎です!

さて、リスナーの皆さんの中には受験生の方もおられることでしょう。そして受験生の方にとって何より待ち遠しいのは合格通知だと思います。
合格通知をもらったら一年間の労苦が報われたという気持ちになりますね。そして、新しく始まる学生生活に心が躍ることでしょう。合格という良い内容の通知はそれを受け取った人を幸せにするのです。
今日は神が私たちに与えてくださった究極の良い通知、良き知らせを紹介したいのです。それは福音です。福音というのは神の祝福の音信という意味なんですね。
神様があなたのためにしてくださったことについてのお知らせなのです。そこで、今日神からの救い主、イエス・キリストがあなたのためにして くださった三つのことをお知らせしましょう。 ……(全文を読む882

角谷健太郎:神
新約聖書 ローマ人への手紙 8章34節
「罪に定めようとするのはだれですか。死んでくださった方、いや、よみがえられた方であるキリスト・イエスが、神の右の座に着き、私たちのためにとりなしていてくださるのです。 」

聖書関連サイト


放送局サイト


放送番組プレゼント


リンク


アイテム集



■ラジオ関西毎週日曜朝 7:45-8:00 558Khz
■ラジオ福島毎週日曜朝 8:30-8:45 1,458Khz
ラジオ伝道者:高原剛一郎
アナウンサー:尼川幸子
●高原剛一郎(ラジオ伝道者)

1960年生まれ。1978年イエス・キリストを信じる。大阪教育大学卒業後10年間貿易商社に勤務。現在、企業講演・教育講演など幅広く活動を続け、全国各地で聖書講演会を行い注目を集めている。また、ラジオ関西「聖書と福音」のメッセージを担当。著書に「コスモスの花のように 君が天国に行った日」「生きる勇気と聖書の力」等がある。

●尼川匡志(聖書メッセンジャー、プロカメラマン、スタジオシオン代表)

●那須清志(伝道者、元小学校教諭、東住吉キリスト集会責任者)

●三綿直人(伝道者、元ソフトバンク、アメリカンエキスプレス勤務)

●尼川幸子(聖書と福音専属アナウンサー)


   
  • HOME
  • バックナンバー
  • テープ・CD
  • 本の紹介
  • ゴスペルブック
You can listen to The Bible Message in this radio programs "Bible & Gospel" anytime anywhere.
フッターのシャドウ