インターネットでラジオ関西「聖書と福音」の聖書メッセージがいつでも聴けるWeb Radio


No.917 2017年10月22日「悔い改めをもたらす」

おはようございます、高原剛一郎です!

私は先日。督促OL修行日記という本を読みました。これは督促を仕事とするOLのN本さんという人が書いたものです。
督促とは要するに、借金の返済を迫ることです。彼女が入社したのはクレジットカードの会社でした。
最初の配属先はコールセンターです。しかも担当は、キャッシング専用カードのお客さんです。
当然のことながら多重債務者がたくさんいる、タフな部門なんです。それまでこのセクションには女性社員は一人もいなかったそうです。 ……(全文を読む917

大和田広美:Special Treasure
新約聖書 ヘブル人への手紙第一 10章12-13節
『 しかし、キリストは、罪のために一つの永遠のいけにえをささげて後、神の右の座に着き、それからはその敵がご自分の足台となるのを待っておられるのです。 』

No.916 2017年10月14日「力ある大祭司イエス・キリスト」

おはようございます、高原剛一郎です!

タレントの伊集院光さんがブログの中でこんなことを書いておられました。
あるときファミリーレストランで食事をとっていたと言うのです。少し離れたボックス席に親子三人の家族が食事をしていたのですが、お父さんとお母さんが見るからにやんちゃな感じの人なのです。
このヤンキーの父親が小学三年生ぐらいの息子に言ったんです。「おい、あれ伊集院じゃねえ。お前ちょっと行って確かめてこい。」伊集院さんは厄介なことになったと思いました。しかし邪険にすると何を言ってくるか分かりません。 ……(全文を読む916

吉田恵子 いつくしみ深き
新約聖書 ヘブル人への手紙第一 2章17節
『 そういうわけで、神のことについて、あわれみ深い、忠実な大祭司となるため、主はすべての点で兄弟たちと同じようにならなければなりませんでした。それは民の罪のために、なだめがなされるためなのです。 』

No.915 2017年10月8日「復活を信じた3つの理由」

おはようございます、那須清志です!

 今回のテーマは「死者の復活」についてです。イエス・キリストが今から二千年前、十字架で処刑されたことについてはよくご存知でしょう。
ところが聖書はイエスが死後三日目に死から復活したと記録しているのです。
これは死んだと思われた人が息を吹き返す「蘇生」とは違います。肉体は死んだが、地上の体と違う新しい体が与えられたと聖書は記しています。
私もこれを最初聞いたとき、「これはあり得ない」と思ったものです。しかし、聖書は確かに起こった事実として記しています。イエスの復活は後から付け加えたエピソードではなく、最初からクリスチャンが主張していた証言の重要な部分でした。 ……(全文を読む915

角谷憲太郎:神
新約聖書 ペテロの手紙第一 1章3節
『 私たちの主イエス・キリストの父なる神がほめたたえられますように。神は、ご自分の大きなあわれみのゆえに、イエス・キリストが死者の中からよみがえられたことによって、私たちを新しく生まれさせて、生ける望みを持つようにしてくださいました。 』

No.914 2017年10月1日「自然界に見る神存在の証し」

おはようございます、高原剛一郎です!

先日、私は旅行先のビジネスホテルで一泊しましたが、その晩ほとんど眠れませんでした。
実は一匹の蚊が部屋に侵入していたからです。眠りに落ちようとすると耳元であのなんとも言えない不愉快な羽音がするのです。
あのブーンという高音を聞くと、微睡みが吹き飛んでしまいます。ちなみに、蚊という漢字は、虫へんに文と書きますが、それは蚊の羽音がブンと聞こえることによるそうです。
ところで、蚊のことを英語で「モスキート」と言います。この「モスキート」という名の装置が今、全世界で十万台以上売れているというのです。一体、どんな装置なのでしょう。 ……(全文を読む914

齋藤直江:光あれ
新約聖書 ローマ人への手紙1章20-21節
『 神の、目に見えない本性、すなわち神の永遠の力と神性は、世界の創造された時からこのかた、被造物によって知られ、はっきりと認められるのであって、彼らに弁解の余地はないのです。それゆえ、彼らは神を知っていながら、その神を神としてあがめず、感謝もせず、かえってその思いはむなしくなり、その無知な心は暗くなりました。 』

No.913 2017年9月24日「神と人間の関係修復」

おはようございます、尼川匡志です!

数年前に、ある有名な塾の講師をされているH先生が、お母さん方を集めて子育てのお話をされたんです。
先生曰く「核家族ではなかなか子育てはうまくいきません。うまくいくには三世代同居が理想なんです。
サザエさんも、ちびまる子ちゃんも、寺内貫太郎一家も、有名なホームドラマの家族設定は、夫婦、子どもたち、そこにおじいちゃんかおばあちゃんがいるんですね。それによって人間関係に深みが出てくるんです。」なるほど確かにそうだなあというふうに思いました。 ……(全文を読む913

レインボーミュージック:イエスの十字架
新約聖書 コロサイ人への手紙1章20節
『 その十字架の血によって平和をつくり、御子によって万物を、御子のために和解させてくださったからです。地にあるものも天にあるものも、ただ御子によって和解させてくださったのです。 』

No.912 2017年9月17日「最強の二人 キリストと罪人」

おはようございます、高原剛一郎です!

私は以前、一週間ほどウィーンにいたことがあります。お目当てのひとつは、国立音楽劇場で本場のオペラを観ることです。もちろん、演奏するのはウィーン・フィルです。
先日私は、この楽団に伝わる、数々のエピソードをまとめた本を読みました。
かつて、世界一うまく、世界一プライドが高くて、世界一気難しいオーケストラ、といわれたウィーン・フィルの逸話集です。その本を読むと、帝王といわれたカラヤンをはじめ、名だたる第一級の指揮者達がボロクソにけなされているのです。ところが、たった二人だけ、ウィーン・フィルが敬愛する指揮者が登場するのです。 ……(全文を読む912

向日かおり :インマヌエル=あなたと共に
新約聖書 ローマ人への手紙5章7-8節
『 正しい人のためにでも死ぬ人はほとんどありません。情け深い人のためには、進んで死ぬ人があるいはいるでしょう。しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。 』

聖書関連サイト


放送局サイト


放送番組プレゼント


リンク


アイテム集



■ラジオ関西毎週日曜朝 7:45-8:00 558Khz
■ラジオ福島毎週日曜朝 8:30-8:45 1,458Khz
ラジオ伝道者:高原剛一郎
アナウンサー:尼川幸子
●高原剛一郎(ラジオ伝道者)

1960年生まれ。1978年イエス・キリストを信じる。大阪教育大学卒業後10年間貿易商社に勤務。現在、企業講演・教育講演など幅広く活動を続け、全国各地で聖書講演会を行い注目を集めている。また、ラジオ関西「聖書と福音」のメッセージを担当。著書に「コスモスの花のように 君が天国に行った日」「生きる勇気と聖書の力」等がある。

●尼川匡志(聖書メッセンジャー、プロカメラマン、スタジオシオン代表)

●那須清志(伝道者、元小学校教諭、東住吉キリスト集会責任者)

●三綿直人(伝道者、元ソフトバンク、アメリカンエキスプレス勤務)

●尼川幸子(聖書と福音専属アナウンサー)


   
  • HOME
  • バックナンバー
  • テープ・CD
  • 本の紹介
  • ゴスペルブック
You can listen to The Bible Message in this radio programs "Bible & Gospel" anytime anywhere.
フッターのシャドウ