インターネットでラジオ関西「聖書と福音」の聖書メッセージがいつでも聴けるWeb Radio


No.856 2016年8月21日「問うものから問われるものへ」

おはようございます、高原剛一郎です!

さて、ロシアという国は、昔から薬物・毒物に国家ぐるみで関わることで有名でした。
帝政ロシア末期に権力をほしいままにしていた怪僧ラスプーチンの暗殺には、青酸カリ入りのお菓子が使われました。ソ連時代に入ると本格化していきます。
権力を手にいれたレーニンは、極秘の毒物研究所を1921年に設立しました。それは、ソ連政府の敵と戦うためでした。
ところが、皮肉なことに最初の犠牲者はレーニン本人でした。スターリンが黒幕であった可能性が高い、といわれています。毒殺研究は、今のプーチン政権にも引き継がれています。
2006年にはロンドンで、英国に亡命中のロシアの元情報将校が、放射性物質ポロニウム入りの紅茶を飲まされて死亡しました。犯行はおそらくプーチン大統領の承認を得ているという調査結果を、イギリス当局が今年の一月に発表しています。
今回のオリンピックの直前に世界をにぎわしたロシアのドーピング問題も、構図はそっくりです。世界アンチドーピング機関の調査チームは、国ぐるみの不正だと断定したのです。にもかかわらず、国際オリンピック委員会は、リオオリンピックのロシア選手団全面除外処分を見送りました。これにより、どんなに証拠が挙がっていても、相手が大国ならば無理が通るという前例を残してしまったのです。
世の中にはときどき、力の前に正義が曲げられたり、公正がゆがめられたりすることがあります。そして、そういうとき、それに腹を立てて愚痴るだけの人になってしまいそうになります。 ……(全文を読む856

大和田広美:わたしとともに
新約聖書 ヨハネによる福音書 9章1-3節
「またイエスは道の途中で、生まれつきの盲人を見られた。
弟子たちは彼についてイエスに質問して言った。『先生。彼が盲人に生まれついたのは、誰が罪を犯したからですか。この人ですか。その両親ですか。』
イエスは答えられた。『この人が罪を犯したのでもなく、両親でもありません。神のわざがこの人に現れるためなのです』」

No.855 2016年8月14日「罪というゴミを取り除くイエス・キリスト」

おはようございます、高原剛一郎です!

世界一の投資家で、オマハの賢人とも言われる億万長者に、ウォーレン・バフェットという人がいます。
彼は一時620億ドルもの資産を持っていましたが、76歳のとき、その85%を慈善事業に寄付してしまいました。彼には3人の子どもがいますが、彼らがバフェットの死後にもらえる資産は、やりたいことを始めるには十分だけれど、何もしなかったら暮らしていけないというような額だと言われています。あるとき娘のスーザンが自宅の改修のためにバフェットに資金をお願いしました。バフェットは銀行に頼めば良いだろうと言って断ったんですね。
彼はけちん坊なんでしょうか。あるいは子どもに対する愛情に欠けている人なんでしょうか。もちろんそうではありません。
彼は子どもを愛しているんです。愛しているからこそ、自分の人生を自分で切り拓かせてやりたいと考えてるのです。億万長者の親が、何から何までお膳立てすることで、人生の中で達成する幸せや、成し遂げる喜びを奪ってしまうということを恐れているんです。
恐らく、彼の知る多くの億万長者が、資産の譲り方で子どもたちをかえって不幸にしてきたことを彼は知っていたのでしょう。 ……(全文を読む855

向日かおり:その翼
新約聖書 ヨハネの手紙第一 3章5節
「キリストが現れたのは罪を取り除くためであったことを、あなたがたは知っています。キリストには何の罪もありません。」

No.854 2016年8月7日「復活-この輝かしき希望」

おはようございます、高原剛一郎です!

マウンテンゴリラの研究で世界的権威の動物学者に、ダイアン・フォッシーという方がいらっしゃいます。彼女はゴリラの研究方法で、それまで誰もしなかった画期的なことをするのです。それは野生のゴリラの群れの中に入って、仲間になるということであったのです。
当時それは命取りになる危険行為だと思われていました。しかし、絶滅の危機に瀕しているマウンテンゴリラの生態を知るためには、これ以外の方法はないと腹をくくって、彼女はゴリラに近づいていったのです。そしてゴリラの鳴きまねをしたり、ゴリラの好物であるセロリをバリバリ、生のまま食べてみせたりします。
やがてゴリラたちは、心開き、ダイアンの髪の毛をなでるほど親密になっていったのです。
彼女の発表した論文はそれまでのゴリラの偏見を突き崩すものとなりました。人間が考えている以上に、知的で社会的な生態が明らかになったんです。
ところで、彼女がそんな果敢なチャレンジをするように駆り立てたもの、それは何だったんでしょう。ゴリラに対する熱烈な愛ですね。人でありながら、ゴリラとつながるために、常識破りの行動に出たのです。 ……(全文を読む854

工藤篤子:よみがえりの主
新約聖書 ローマ人への手紙 8章34節
「罪に定めようとするのはだれですか。死んでくださった方、いや、よみがえられた方であるキリスト・イエスが、神の右の座に着き、私たちのためにとりなしていてくださるのです。」

No.853 2016年7月31日「安心して生きよ」

おはようございます、尼川匡志です!

今年はオリンピックイヤー。そのこともあってテレビなどでオリンピック関連の番組がよく組まれます。
先日『メダルに狂わされた人生』というようなタイトルの番組を見ました。1992年バルセロナオリンピック女子マラソンの小鴨選手についての特番でした。彼女はその年の1月、大阪国際女子マラソンでマラソンデビューするんですが、何とぶっちぎりの1位。当時の日本最高タイムでゴールするんですね。その時のオリンピック出場枠は3人でした。
彼女は文句なしにその一人に選ばれます。この時点ですでに一人の方が決まっていましたので、あとの一枠を巡ってあの有森裕子さんと松野明美さんが争うことになるんです。結局、有森さんが入り、オリンピックで銀メダルを取ることになります。残念ながら松野さんは落選しました。この小鴨選手がメダルを取っていれば問題はなかったんです。でもそうはならなかったんですね。
何と二十何位という結果だったんです。彼女は帰国後激しいバッシングを受けることになります。そして精神的に参ってしまい、走ることさえやめてしまうんですね。 ……(全文を読む853

Aloha Ke Akua:川のような平安が
新約聖書 マルコによる福音書 5章34節
「そこで、イエス彼女にこう言われた。
『娘よ。あなたの信仰があなたを直したのです。安心して帰りなさい。病気にかからず、すこやかでいなさい。』」

No.852 2016年7月24日「SEKAI NO HAJIMARI」

おはようございます、高原剛一郎です!

私は先日、101歳のおばあさんがインタビューを受けている様子をテレビで見ました。このかたは、もう長く生きたいとは思わないそうです。また、特に食べたいものもない。着たい服もない。欲しいものは何もない、とおっしゃるんですね。
でも、ひとつだけ、頂けるものなら頂きたいものがある、とおっしゃるのです。それは、やさしい言葉です。誰かから心のこもったやさしい言葉をかけてもらうと、その日一日中、幸せな気持ちでいることができるんですね。
ところで、今まで数え切れないほどの人たちの心を幸せで満たし、燃え上がらせ、平安を与えてきたことば、それが聖書です。
その聖書の第一行目は、とっても大事です。というのは、聖書全体の土台を置いているからです。そこで今日は、この聖書の第一行目、創世記1章1節をご一緒に考えましょう。 ……(全文を読む852

戸坂純子:美しい世界
旧約聖書 創世記 1章1節
「初めに、神が天と地を創造した。」

No.851 2016年7月17日「理想的仲介者キリスト」

おはようございます、高原剛一郎です!

経営コンサルタントとして世界中で引っ張りだこの人物に、大前研一さんがいます。彼によると、人間が変わる方法は3つしかないそうです。
一つは時間配分を変えることです。一番大切なことにそれほど時間をかけず、どうでもいいことにだらだら時間を浪費している場合、一日の使い方の見直しをしない限り、人生は変えられないんだっていうんですね。
二つ目は、住む場所を変えることです。環境から受ける影響は、無視できないからだそうです。
そして三つ目は、付き合う人を変えることです。誰を友にし、誰を相談相手にし、誰を師として仰ぐかで、人生は決まります。
一番無意味なのは、決意を新たにすることだそうです。自分の決心だけで人生が変わるほど人生は甘くないからだそうです。
私も思い当たるふしがあります。人の顔色を見やすい私が、比較的一貫した歩みができるようになったのは、自分の人生の主人としてイエス・キリストを受け入れたことが、決定的なことでした。 ……(全文を読む851

国分友里恵:イエスの愛に抱かれて行こう
新約聖書 ヘブル人への手紙 4章15,16節
「私たちの大祭司は、私たちの弱さに同情できない方ではありません。罪は犯されませんでしたが、すべての点で、私たちと同じように、試みに会われたのです。
ですから、私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、おりにかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか。 」

2016 公開イベント

聖書関連サイト


放送局サイト


放送番組プレゼント


リンク


アイテム集



■ラジオ関西毎週日曜朝 7:45-8:00 558Khz
■ラジオ福島毎週日曜朝 8:30-8:45 1,458Khz
ラジオ伝道者:高原剛一郎
アナウンサー:尼川幸子
●高原剛一郎(ラジオ伝道者)

1960年生まれ。1978年イエス・キリストを信じる。大阪教育大学卒業後10年間貿易商社に勤務。現在、企業講演・教育講演など幅広く活動を続け、全国各地で聖書講演会を行い注目を集めている。また、ラジオ関西「聖書と福音」のメッセージを担当。著書に「コスモスの花のように 君が天国に行った日」「生きる勇気と聖書の力」等がある。

●尼川匡志(聖書メッセンジャー、プロカメラマン、スタジオシオン代表)

●那須清志(伝道者、元小学校教諭、東住吉キリスト集会責任者)

●三綿直人(伝道者、元ソフトバンク、アメリカンエキスプレス勤務)

●尼川幸子(聖書と福音専属アナウンサー)


   
  • HOME
  • バックナンバー
  • テープ・CD
  • 本の紹介
  • ゴスペルブック
You can listen to The Bible Message in this radio programs "Bible & Gospel" anytime anywhere.
フッターのシャドウ