インターネットでラジオ関西「聖書と福音」の聖書メッセージがいつでも聴けるWeb Radio


No.852 2016年7月24日「SEKAI NO HAJIMARI」

おはようございます、高原剛一郎です!

私は先日、101歳のおばあさんがインタビューを受けている様子をテレビで見ました。このかたは、もう長く生きたいとは思わないそうです。また、特に食べたいものもない。着たい服もない。欲しいものは何もない、とおっしゃるんですね。
でも、ひとつだけ、頂けるものなら頂きたいものがある、とおっしゃるのです。それは、やさしい言葉です。誰かから心のこもったやさしい言葉をかけてもらうと、その日一日中、幸せな気持ちでいることができるんですね。
ところで、今まで数え切れないほどの人たちの心を幸せで満たし、燃え上がらせ、平安を与えてきたことば、それが聖書です。
その聖書の第一行目は、とっても大事です。というのは、聖書全体の土台を置いているからです。そこで今日は、この聖書の第一行目、創世記1章1節をご一緒に考えましょう。 ……(全文を読む852

戸坂純子:美しい世界
旧約聖書 創世記 1章1節
「初めに、神が天と地を創造した。」

No.851 2016年7月17日「理想的仲介者キリスト」

おはようございます、高原剛一郎です!

経営コンサルタントとして世界中で引っ張りだこの人物に、大前研一さんがいます。彼によると、人間が変わる方法は3つしかないそうです。
一つは時間配分を変えることです。一番大切なことにそれほど時間をかけず、どうでもいいことにだらだら時間を浪費している場合、一日の使い方の見直しをしない限り、人生は変えられないんだっていうんですね。
二つ目は、住む場所を変えることです。環境から受ける影響は、無視できないからだそうです。
そして三つ目は、付き合う人を変えることです。誰を友にし、誰を相談相手にし、誰を師として仰ぐかで、人生は決まります。
一番無意味なのは、決意を新たにすることだそうです。自分の決心だけで人生が変わるほど人生は甘くないからだそうです。
私も思い当たるふしがあります。人の顔色を見やすい私が、比較的一貫した歩みができるようになったのは、自分の人生の主人としてイエス・キリストを受け入れたことが、決定的なことでした。 ……(全文を読む851

国分友里恵:イエスの愛に抱かれて行こう
新約聖書 ヘブル人への手紙 4章15,16節
「私たちの大祭司は、私たちの弱さに同情できない方ではありません。罪は犯されませんでしたが、すべての点で、私たちと同じように、試みに会われたのです。
ですから、私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、おりにかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか。 」

No.850 2016年7月10日「違反行為の責めを負ったキリスト」

おはようございます、高原剛一郎です!

ところで、たまにレストランやラーメン屋さんに入ると、群を抜いて気の利くスタッフが一人か二人いるもんです。とにかくよく機転が利くというか、目ざといというか、頭の回転が速いというか、動きもきびきびしていて、見ていて気持ちがいいですね。
そしてそういう人はたいてい、働く目的がはっきりしています。それは、将来自分の店を持つ、という目的です。将来、オーナーになった時のための修行しているというつもりで今を働いている人ですね。そういう人は仕事はやらされてる、という感覚はあまりありません。自分の夢を実現する準備作業しているという、そういう心構えであると思います。輝かしい未来につながる行動は価値ある行動ですから、力が湧いてくるんですね。 ……(全文を読む850

国分友里恵:イエスの愛に抱かれて行こう
新約聖書 コリント人への手紙第二 5章19節
「神は、キリストにあって、この世をご自分と和解させ、違反行為の責めを人々に負わせないで、和解のことばを私たちにゆだねられました。 」

No.849 2016年7月3日「キリストの生涯がもたらした福音」

おはようございます、高原剛一郎です!

さて私の愛読書の一つに「ネガポ辞典」というのがあります。否定的な言葉を肯定的に言い換える辞典です。「鈍感」は「打たれ強い」、「軟弱」は「母性のくすぐり上手」、「しわ」にいたっては「ビンテージライン」だそうです。ビンテージていうのは時間とともに値打ちが出るものを言います。しわを単なる老化の印ではなく、ワインに置き換え、価値あるものとして紹介しているところがいいですね。
元々この辞書は言葉で傷ついた友人を励ますために北海道の女子高生たちが考案したのが始まりでした。読んでいて元気になるのはそこに書き手の眼差しの温かさがあるからです。
しかし、それ以上に人間を奮い立たせる書物があります。それは神の言葉、聖書です。この聖書の主題はイエス・キリストです。イエス・キリストがしてくださったことの中に人が必要とするすべてのものが入っています。 ……(全文を読む849

国分友里恵:イエス・キリスト大いなる愛
新約聖書 ピリピ人への手紙2章6-9節
「キリストは神の御姿である方なのに、神のあり方を捨てられないとは考えず、ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、人間と同じようになられました。
人としての性質をもって現れ、自分を卑しくし、死にまで従い、実に十字架の死にまでも従われました。
それゆえ神は、この方を高く上げて、すべての名にまさる名をお与えになりました。 」

No.848 2016年6月26日「イエスが備えた天国への招き」

おはようございます、那須清志です!

 先日、クラッシクの音楽会に行ってきました。行くつもりだった人が都合で行けなくなり、私に声がかかったのです。
チケットに記載されている金額の大きさに恐縮しながら、折角の機会なので、上質の音楽を堪能してきました。生のオーケストラを聴く度に感じるのは、二つのスピ―カーからしか聞こえてこない音とは比較できない奥行きの深さと力、そして繊細さです。
有名な音楽家ヨハン・セバスチャン・バッハの手書きの原稿にはよく"SDG"と書かれていました。ラテン語で「ソリ・デオ・グローリア」の略で、「神に栄光あれ」という意味です。バッハにとって音楽は創造主の素晴らしさを表す一つの手段であって、神の国では神の賛美が溢れていることをいつも思い描いていたのです。バッハは神が備えた天国に憧れていました。私たちも今、そこに招かれています。
今日は、神が私たちのために用意しておられる「神の国」「天国」ついて考えていきましょう。 ……(全文を読む848

Growing Up:天国にあるもの
新約聖書 ヨハネによる福音書14章1-2節
「あなたがたは心を騒がしてはなりません。神を信じ、またわたしを信じなさい。
わたしの父の家には、住まいがたくさんあります。もしなかったら、あなたがたに言っておいたでしょう。あなたがたのために、わたしは場所を備えに行くのです。 」

No.847 2016年6月19日「罪を覆う神のマント=キリスト」

おはようございます、高原剛一郎です!

さて、今年はブラジルでオリンピックがありますね。出場するのは選手達ですが、同時にコーチや監督もついて行きます。そして、コーチの中にはメンタルトレーニングコーチといわれる人々がいるんです。これは、選手の精神力や内面をトレーニングする人のことです。
そんなメンタルコーチのひとりに、田中京(みやこ)さんという方がいらっしゃいます。彼女はソウルオリンピックで、シンクロデュエット部門で銅メダルを受賞した方です。
ところで、ソウルオリンピックのときの彼女の体調はひどかったそうです。 ……(全文を読む847

竹下静:永遠に
新約聖書 ローマ人への手紙4章6-8節
「ダビデもまた、行いとは別の道で神によって義と認められる人の幸いを、こう言っています。
『不法を赦され、罪をおおわれた人たちは、幸いである。
主が罪を認めない人は幸いである。』」

2015 公開イベント

聖書関連サイト


放送局サイト


放送番組プレゼント


リンク


アイテム集



■ラジオ関西毎週日曜朝 7:45-8:00 558Khz
■ラジオ福島毎週日曜朝 8:30-8:45 1,458Khz
ラジオ伝道者:高原剛一郎
アナウンサー:尼川幸子
●高原剛一郎(ラジオ伝道者)

1960年生まれ。1978年イエス・キリストを信じる。大阪教育大学卒業後10年間貿易商社に勤務。現在、企業講演・教育講演など幅広く活動を続け、全国各地で聖書講演会を行い注目を集めている。また、ラジオ関西「聖書と福音」のメッセージを担当。著書に「コスモスの花のように 君が天国に行った日」「生きる勇気と聖書の力」等がある。

●尼川匡志(聖書メッセンジャー、プロカメラマン、スタジオシオン代表)

●那須清志(伝道者、元小学校教諭、東住吉キリスト集会責任者)

●三綿直人(伝道者、元ソフトバンク、アメリカンエキスプレス勤務)

●尼川幸子(聖書と福音専属アナウンサー)


   
  • HOME
  • バックナンバー
  • テープ・CD
  • 本の紹介
  • ゴスペルブック
You can listen to The Bible Message in this radio programs "Bible & Gospel" anytime anywhere.
フッターのシャドウ